雨戸取り付けはリフォームの一括見積もりサイトで料金比較しよう

雨戸取り付けリフォーム

 

雨戸取り付けを検討していて、どの業者に依頼して良いのか迷っているなら、一括見積もりサイトがおすすめです。インターネットで検索しているとよく一括見積りという言葉が目に入りますが、このサイトは雨戸取り付けを行いたい人が必要な情報を登録すると、登録している業者からの見積もりを利用することができるサービスです。一括見積りサイトの仕組みとして、一般的にいくらか手数料を支払った業者が登録していて、気軽に依頼することができます。一括見積サイトは基本的に無料で利用することができ、クライアントからは金額をもらわないところがほとんどです。

 

運営コストは業者が運営会社に登録料として支払っている手数料で運営されています。料金比較するのに便利で、一件一軒ずつ業者に聞いて回るより短時間で金額を把握することができるでしょう。一括見積りサイトを利用する場合いくつかメリットがあり、例えばこのサービスを使うと一社ずつ連絡しなくてもよいので時間や手間がかかりません。複数の業者を比較したり問い合わせすることができ、基本的に無料で利用することができるので便利です。価格を比較するだけなので簡単に低価格の業者を見つけることができ、具体的な雨戸取り付け費用を比較することができます。一括見積りサイトを利用するのに向いている人として、業者の良し悪しが分かったり判定や判断に自信のある人におすすめです。

 

見積もりの比較が分かったり、工事中職人が手抜きしたりミスしないよう監視できる人も良いでしょう。近年いろいろな一括見積もりすることができるサイトが増えていますが、雨戸の取り付けに関しても利用することが可能です。特に最も安くコストを抑える業者を探したいなら非常に便利で、短時間で効率良く検索することができるでしょう。エリア毎の検索することができるなどいろいろな条件で絞ることができます。幅広い世代の人が利用していて、以前より業者を探すのに便利な時代になりました。

雨戸取り付けの料金相場

雨戸取り付け料金

 

古くなった雨戸を新しいものに交換する際は、製品によっては様々なオプションを追加することも可能で、防犯性や遮音性などの機能性を向上することもできます。どのような雨戸にするかによって、取り付けに必要な料金にも違いが生じます。交換する場合の料金相場は、2万円から30万円で雨戸の形状やサイズによって費用が変動するため料金に幅があります。例えば、単板タイプの引き違い雨戸に交換する場合は、1枚につき約2万円から5万円で最もお手頃です。

 

ルーバー型引き違いタイプのものは、1枚につき約3万円から6万円で、シャッター型の場合は1枚につき約10万円から30万円の費用が必要になります。ルーバー型のものは、風通しなどを確保することができ、シャッター型のものは費用は高いですが大変便利といわれています。お住まいに雨戸が無い場合は、後付けすることが可能です。最近の雨戸は機能性に優れているだけではなく、軽量化されているため比較的簡単に取り付けることができます。交換する場合と同様に、引き戸タイプや折れ戸タイプ、シャッタータイプと種類も選択することが可能です。後付けする際の料金相場も2万円から30万円と交換リフォームと同様で、形状やサイズ機能性によって費用に差が生じます。後付けする場合、交換リフォームと異なる点は、既存の雨戸の撤去費用が必要ではありませんのでその分安価で取り付けてもらえるでしょう。また、交換する場合や新しく取り付けることを希望する際には、リフォーム会社に依頼することがおすすめされています。

 

リフォーム会社では、お住まいの外装だけではなく内装工事など幅広い工事に対応することができるため、雨戸に関する知識も豊富ですから安心して依頼することができるでしょう。製品の機能性やデザインに関する知識も豊富なため希望にあった製品の提案も期待することができます。住居の2回以上に取り付ける場合は、高所作業になるため足場を立てる必要があり、この足場代金が10万円から20万円必要になりますので、外装工事と同じタイミングに行うと費用を削減することができるでしょう

雨戸取り付けのメリット・デメリット

雨戸取り付けメリット

 

雨戸の最大の目的は窓ガラスの保護です。台風が襲来したとき、飛散してくるものから窓ガラスを保護、ガラス飛散を防ぎます。台風があまり来ることがない地域の新築一戸建て住宅で、雨戸を取り付けていないことがありますが、リフォームなどで後付けすることも可能です。

 

雨戸を取り付けるメリットは他にもあり、まず防音効果です。例えば深夜、外の騒音がうるさくて眠れないときや、近隣の道路工事などで重機の音が昼間などにうるさいときなどに騒音を軽減することが可能になります。それから雨戸は窓を完全に防ぎますので、降り注ぐ日光をカットすることができます。カーテンより遮光効果が高く、朝日や夕日などを効果的に遮光します。また防犯性もあり、雨戸を閉めていると窓ガラスを完全に覆いますので、不審者がガラスを割ってカギを開けて侵入することができなくなります。

 

しかし雨戸を閉めっぱなしにしていると、外部からは長期間不在にしていますと言っているようなものになり、かえって防犯性は低くなりこれは雨戸のデメリットと言えるかもしれません。また開け閉めは多くの場合面倒であり、そのため取り付けても使用しないというケースもあります。現在は自動で開閉するタイプもありますので、リフォーム時に検討するといいと思います。最近ではタイマーで開閉する便利なタイプもあるようです。他には閉めていると室内が暗くなり、昼間でも夜のような暗さになります。最近ではシャッターのように金属製でルーバーのように開閉できるものがあります。これでしたら少し開けたり、大きく開けたりして明るさの調整や風通しの微調整などが簡単にでき、労力も必要としません。以上が雨戸のメリット・デメリットですが、現在付いていない場合でも後付けできたりシャッタータイプのものを取り付けたりすることができますので、リフォーム会社やシャッター会社などに相談すれば、自分のライフスタイルに合ったものを設置することが可能です。

雨戸の交換時期

雨戸取り付け交換

 

自宅の各窓には必ず雨戸が設置されているというご家庭は非常に多いです。しかし古い家などに住んでいる場合、設置した雨戸は経年劣化を起こしやすくなってくるため、場合によっては外部からの汚れによって、雨戸が極度に汚れが目立つ状態になってしまう可能性があったり、使用していくうちに雨戸の素材が劣化して破損してしまうなどのトラブルが起こる可能性があります。そのため、外から見える部分だからこそ早めに交換を行うことが必要になってきます。そもそも雨戸は設置することでどのような効果があるかというと、台風など強い雨風が発生する際にも、強風によるガラスが割れる状態を防ぐことができますし、飛来物によるサッシ破損などの被害を防ぐ効果があります。他にも外部かた窓が見えてしまう場合、室内の状態を見せないようにカバーする効果もありプライバシーを保護する目的としても利用されています。防音効果があるので自宅で楽器の練習をする場合にも効果的ですし、自宅を空ける際にきちんと雨戸を閉めておけば空き巣対策を行う効果もあります。

 

種類はシャッタータイプ、折戸タイプ、引き戸タイプの三種類があり、家の形状に合わせて最適なタイプを選択することが可能になっています。基本的に雨戸は機能的な劣化を起こさない限り定期的に業者によるメンテナンスを受けていれば、長期間問題なく使用することができます。ただ長年使用していると雨風に長時間あたっていることにより、汚れが目立ちやすくなる恐れがあります。

 

そのため交換時期としては、自宅の外壁塗装など、住宅のリフォームに合わせて雨戸を交換するという方が大半だと言われています。もちろん個別で戸部分だけ交換することは可能となっていますが、戸建ての二階部分などの高所で交換を行う場合、足場を組む必要がでてくるので、外壁塗装などの他の施工と合わせて行うことにより、コストを大幅に抑えることができるメリットがあるのです。

リフォーム契約書のチェックポイント

雨戸取り付け契約

 

リフォーム契約書のチェックポイントとしては、まずはあなたの氏名や住所などに間違いがないかどうかを確認してください。一見すると当たり前のような項目なのですが、氏名や住所が実際と異なるとトラブルの際に保証が受けられない場合などがあります。氏名を間違える人は少ないと思いますが、住所の詳細などは意外に間違えて記載してしまう人が多いようです。また住所は「大字」などを省略せずに、正確なものを記入しましょう。普段郵便物に記載されている住所と、住宅の登記上の住所が異なる場合などもありますので、正確な住所を謄本などで確認して記載するようにすれば間違いないでしょう。

 

次にお金に関する項目に、間違いがないかどうかを確認します。お金に関する項目としては支払いの金額をしっかりと確認してください。リフォームの相談をすると「30万円値引きしますよ」「10万円分の住宅設備を無料でサービスします」などといった口約束が業者との間で行われることが多いのですが、口約束については法律上の契約には該当しないため、確実に履行してもらうためには契約書の中に記載を求めることが必要なのです。金額以外にはダイキンの支払い方法についてもチェックが必要です。分割払いを利用する場合には月々の支払金額や支払いの時期、さらに利息などについてもしっかりと確認しましょう。

 

その他には保証の詳細を、しっかりと契約書に記載しておくことをおすすめします。リフォームに不備があった場合には業者に修理をしてもらうことが必要ですが、具体的にいつまで保証が受けられるのか、リフォーム作業を行った箇所のどの部分に保証が適用されるのかなどをチェックしてください。リフォーム契約書については事前に交付を依頼して、隅々までしっかりと目を通してから契約を行うようにしましょう。後になってから後悔することがないように、契約書には安易に署名・押印をしないように注意をしてください。

TOPへ